スマートフォン向けサイト
ディズニークルーズ

「ディズニークルーズ地中海+ローマ」旅行記〜準備編〜

前回は、予約編をアップしました。今回は準備編として、旅行のために用意した荷物などを紹介します。

9泊10日という長い旅行だったので、荷物はすっごく考えました。
あれもこれも持って行くと荷物が増えるし、少なすぎると不安になるし・・・
とにかく難しかったです。

クレジット

普段はJCBカードを使用しているのですが、ヨーロッパではJCBカードを使用できない所が多いと聞いていたので、VISAカードを持っていきました。
一緒に行った友達がJCBカードで支払おうとしたら、実際に使えない所がありました。

現金

友達2人で、300ユーロを日本で両替してから持っていきました。
ローマの街中は、カードよりも現金の方が使い勝手が良かったです。
結局残った現金は10ユーロぐらいでした。

携帯(スマートフォン)

ヨーロッパで使用できるSIMカード
メインで使用しているスマートフォンは持たず、機種変して使用しなくなったディズニー・モバイルにヨーロッパ周遊SIMを入れて持っていきました。ヨーロッパはスリが多いため、メインで使用している端末が取られたら大変ですから。
ヨーロッパ周遊SIMは日本のAmazonで購入 し、日本で通信設定ができました。現地でしか設定できないSIMだと現地で慌てたり、最悪通信ができない場合もあるので、このSIMは便利でした。ヨーロッパは通信環境が日本よりも悪いらしく高速ではありませんでしが、GoogleマップやTwitterを利用するには十分。ただし、現地の方ほど電波の掴みが良くなく、現地の人は使えていても自分は圏外、なんてシーンも多々ありました。

ガイドブック

ローマガイドブック地球の歩き方
ローマは初めて行く場所でよくわからなかったので、地球の歩き方(ローマ編) を1,600円程度で購入しました。
この本に掲載されているレストランに行ってみましたが、味は美味しかったです。
また、本の中には旅行時の注意点なども記載されていたので、行く前からいろいろ勉強になりました。

着替え

圧縮袋
10日間旅行なので、下着や普段着る服などをどれくらい持っていくかを悩みました。
結果、5日分の着替えを持っていきました。
また、下着、靴下、汗を拭くタオル、Tシャツなどが5日分になると結構かさばるため、圧縮袋を3つ利用しました。
クルーズ船内にはランドリー(有料)があるので、足りなくなったら洗えばいいと思い5日分にしました。
実際、クルーズの洋上日にランドリーで洗濯&乾燥まで行った結果、最後まで綺麗な服で過ごすことが出来ました。
しかし洗濯機と乾燥機の使い方はなかなか曲者でしたが。

着替えの他にも、身につけるもので忘れてはいけないのが、帽子とサングラス。
気候はあまり日本とは変わらないと聞いていたのですが、今回旅行した2019年6月中旬のイタリアは異常気象だったらしく酷暑でした。
湿度は高くないのですが、とにかく日差しが強く、立っているだけで汗が出て、歩くと日差しで体力を奪われます。
寄港地観光やローマ市内観光は、所々にある日陰で休憩しながら歩いていました。
帽子が無かったら、途中で倒れていたかもしれません。

消耗品

客室にもシャンプーなどはあるのですが、普段使用している物が良いかなって思って、無印良品で購入した小分けボトル(80円〜250円)に入れて持って行きました。
シャンプー、リンス、ボディーソープ、洗濯洗剤、化粧水、乳液など。

ミニショルダーバッグ

ミニショルダーバッグ
イタリアはスリだけでなくスキミングが多いと聞いていたので、Amazonで約1,600円でこのミニショルダーバッグ を購入しました。
スキミング防止素材で出来ていて、パスポートやクレジットカードやボールペンなども収納できるし、裏面はメッシュ素材になっていて、使い勝手は良かったです。

機内に持ち込んだボストンバッグ

機内に持ち込んだ無印良品のボストンバッグ
無印良品の「荷物の量で広げられる 撥水 ボストンバッグ 」を持っていきました。
このボストンバッグですが、価格は約5.000円で荷物の量に応じてバッグの高さを33.5→48.5cmに変更できますし、生地には撥水加工もしてあります。
それに、表面だけでなく中にも収納するポケットがたくさん付いているので、使い勝手が良かったです。
ちなみに、バッグの中の黄色の仕切りは付いていなかったので、普段パークで使用しているカメラバッグから取り出して入れてみました。
ただ、さすがに大きすぎるので寄港地観光やローマ市内観光では持ち歩きませんでした。
寄港地観光やローマ市内観光では、両手が空く大きすぎないカバンで行くのがオススメです。

サイン帳

サイン帳
このサイン帳は、前回のバハマクルーズの時に、ミッキーネットから頂いたもので、そのときは使用しなかったので今回持って行きました。
縦11.5cm☓横15.5cmのコンパクトサイズで、キャラクターグリーティングには使用しやすかったです。
キャラクターから書いてもらったサインは、また別の機会に紹介します。

その他

一眼レフカメラ、日焼け止めクリーム、除菌シート、歯ブラシと歯磨き粉、メガネ、コンタクト、ひげ剃り、カメラやスマートフォンなど充電器、コンセント変換プラグ、薬(頭痛薬、胃腸薬などを少量)、絆創膏、ぬいぐるみバッジ(現地のキャラクターに見せるため)など。

スーツケースと機内に持ち込むバッグの中は、満杯にはならず空きスペースが結構あったので、お土産を購入しても、入りきらないということは無かったです。
日本円ですが、一緒に行った友達と2人で10,000円を持って行きましたが、両替することは無かったです。
また、成田までの交通費、成田から家までの交通費、出発前の成田での食事は、Suicaで支払いました。
※今回紹介した情報は個人的に調べた情報&感想ですので、参考程度にしてください。

次回は、いよいよ旅行編に突入します。

関連記事
「ディズニークルーズ地中海+ローマ」旅行記〜予約編〜
「ディズニークルーズ地中海+ローマ」旅行記〜旅立ち編(成田からバルセロナ空港)〜
「ディズニークルーズ地中海+ローマ」旅行記〜バルセロナエアポートホテル〜
「ディズニークルーズ地中海+ローマ」旅行記〜ディズニー・マジック号乗船〜