スマートフォン向けサイト
ディズニークルーズ

「ディズニークルーズ地中海+ローマ」旅行記〜ローマ市内観光(いざ、バチカン美術館へ)〜

ボンジョルノ!
ディズニー地中海クルーズの後のローマ市内観光も2日目に突入。
一度は訪れたいと思っていた場所「バチカン美術館」に行ってきました。
最初は個人で入館チケットを入手しようと思ったのですが、ネットで調べてたら結構面倒くさい&他の観光スポットを効率よく見て周りたいということで、JTBがやっている「MYBUS 」を利用することにしました。
MYBUSは簡単に言うこと、JTBの日本語スタッフが現地観光を案内してくれる(チケットの手配もしてくれる)有料サービス。
自分たちは、旅行に行く前に日本から、ネットで「1日観光コース(日本人ガイドと一緒に歩いて周るコース。昼食付き)申し込みしました。

コース内容(1日のスケジュール)

バチカン美術館
システィーナ礼拝堂
サン・ピエトロ大聖堂
※コースに付いている指定のレストランで昼食
サンタンジェロ城
ナヴォナ広場
パンテオン(入場)
トレヴィの泉
スペイン広場

ホテルからバチカン美術館への移動方法

確か8:00頃にバチカン美術館前で集合だったので、ホテルの人に呼んでもらったタクシーで移動しました。
移動時間は20分弱で、料金は日本円で1,500〜2,000円だった気がします。
日本人はぼったくられると聞いていたので、乗っている間はちょくちょくタクシーの料金メーターをチェックしていましたが、結局の所、問題なく現地に到着しました。

待ち合わせ場所

JTBマイバス、バチカン美術館前の待ち合わせ場所
JTBマイバス、バチカン美術館前の待ち合わせ場所
待ち合わせ場所に行くとマイバスのプラカードを持っている日本人ガイドさんがいて、その人に予約した名前を告げると、胸に貼るシールを渡されます。
自分が参加したツアーには、自分たち以外にも15人ぐらいいました。

バチカン美術館

入場列

バチカン美術館に入るための列
写真のとおり、入場列は屋根のない屋外です。
異常気象で熱波が来ていたローマで屋外待機はかなり厳しかったです。
自分はUVカットの帽子を被っていましたが、それでも暑いと言うか日差しが針のように突き刺さります。帽子がなかったら、外を歩けないほどでした。

列にはストールや水などを売りに来る現地の売り子がやってきていました。水がキンキンに冷えているように見えてメッチャ美味しそうなんです。でも、お店で買うよりは高いですが、そこまでボッタクリってわけでもなかったです。
ちなみにノースリーブ等の肌の露出が多い服装での入場はNGです。
なのでストールを売っているわけなんです。

列は長いですが、進みは思ったよりも早いです。
グリやアトラクションで並ぶのに慣れている皆さんなら「あれ?」って思うくらい早いです。

ちなみに、写真の左側の列は自分たちよりも後ろに並んでいる人たちです。
バチカン美術館がいかに、世界的に有名で人気なのかがよくわかりますね。
行列に並びたくない場合は、事前に「バチカン美術館の公式チケット販売サイト」でオンライン予約しておけば、ほぼ並ばずに入場することが出来るそうですが、この日は予約の列もかなり長くなっていました。ガイドさん曰く、予約でこんなに並ぶことはめったにないそうです。
当日券を購入する列と事前予約した人の列は違います。また、予約者と当日購入では入場できる時間も変わってきます。予約者は朝から入れますが、当日券は10時過ぎからの入場となるようなので、そこも気をつけないと行けません。
バチカン美術館に行くなら、予約して行くのが基本ですね。

バチカン美術館とは

現地語では「Musei Vaticani」
バチカン市国にあり、16世紀末に教皇ユリウス2世により創設された、歴代ローマ教皇の収集品を収蔵展示する世界最大級の美術館。
総面積は約5万平方メートル、見学できる部屋数は1400で、その部屋を結ぶ見学コースは全長7kmもあって、1日で全部を見て周るのは極めて困難。
バチカン美術館は、全体を称しての名称で、実際には、大小合わせ約24もの美術館・博物館群で構成されているんです。
中には、古代(ギリシャ・ローマ)彫刻、エジプト美術、現代キリスト教美術はもちろん、有名な芸術家のミケランジェロ、ラファエロ、ダ・ヴィンチの作品も展示されています。
全世界から年間200万人以上の方が訪れているそです。
入場料金は、大人が17ユーロ、6歳〜18以下の子供が8ユーロ、6歳未満は無料。思ったよりも高くないですよね。

バチカン美術館入り口

バチカン美術館
バチカン美術館入り口
入り口ですが、2つ上の画像の立派な門、ではなく、その下の画像の壁に穴が空いたようなところが入り口になります。
立派な門の方ですが、上にはラファエロとミケランジェロの像、そして真ん中にはローマ法王の紋章が飾られています。どうもこちらは美術館の出口のようですが、そのときどきで運用が違うみたいなのでご注意を。
ここまで来るのに、最後尾から並んで15分程度でした。

セキュリティーチェック

バチカン美術館、セキュリティーチェック
建物内に入ってスグにセキュリティーチェックがあります。
空港と同じ感じですが、空港ほど厳しくないです。

チケット

バチカン美術館のチケット
セキュリティーチェックを終えると、ガイドさんからチケットが渡されます。
個人で行くと全部自分でやらないといけないのですが、ツアーだとやってくれるので楽ですよね。
個人予約の場合、事前予約した時にオンライン上で発行されるバウチャーやスマートフォンの予約画面を提示すると入場券がもらえます。

トイレ

バチカン美術館トイレ
トイレは館内にも数ヶ所にありますが、中ではなかなか見つけづらい可能性もあるので、セキュリティーチェック後に、同じフロアにあるので行っていた方が良いと思います。もちろん激混みw

入り口

バチカン美術館入り口
ここを通っていよいよ「バチカン美術館」巡りスタートです!

今回はここまで。
次回は、バチカン美術館に飾られている素晴らしい絵や彫刻をたくさん紹介します。
あの有名な「最後の審判」も登場するかも?!

今回紹介した情報は個人的に体験した物ですので、参考程度にして頂けますよう宜しくお願いします。

関連記事
「ディズニークルーズ地中海+ローマ」旅行記〜ローマ観光1日目〜
「ディズニークルーズ地中海+ローマ」旅行記〜6日目(寄港地、ナポリ)の街並み&グルメ&ディズニーストア〜