スマートフォン向けサイト
東京ディズニーリゾート

お泊りディズニー「東京ディズニーセレブレーションホテル:ディスカバー」

お泊りディズニー「東京ディズニーセレブレーションホテル:ディスカバー」体験レポートです。

入り口東京ディズニーセレブレーションホテル:ディスカバーの入り口
35周年のタペストリーが飾られています。

ロビー東京ディズニーセレブレーションホテル:ディスカバーのロビー
東京ディズニーセレブレーションホテル:ディスカバーのロビー
タイミングよく、誰もいない瞬間を撮影することが出来ました。
よく見ると、窓ガラスに35周年のロゴが貼られています。

宿泊した部屋番号2078宿泊した部屋番号2078(東京ディズニーセレブレーションホテル:ディスカバー)
今回は、ファンダフル・ディズニー会員特典を利用して10%オフで宿泊しました。
部屋は、スタンダードルームで、広さ29m²、ベッドタイプはレギュラーベッド×2・デイベッド×2、料金一室(正規の価格):17,600円~。
3人で宿泊したので1人1万円以下で宿泊できました。

入口部分入口部分(東京ディズニーセレブレーションホテル:ディスカバー)

ベッド周りベッド周り(東京ディズニーセレブレーションホテル:ディスカバー)
ベッドはシングルベッドで、他のディズニーホテルに比べたら狭かったです。
壁には、東京ディズニーランドや東京ディズニーシーにあるアトラクションやキャラクターが描かれています。

ソファーベッドソファーベッド(東京ディズニーセレブレーションホテル:ディスカバー)
このソファーはベッドにすることが出来ます。

部屋に飾られている写真部屋に飾っている写真(東京ディズニーセレブレーションホテル:ディスカバー)
部屋の中にいても、東京ディズニーリゾートにいる感覚を味わえるようになっています。

TV周りTV周り(東京ディズニーセレブレーションホテル:ディスカバー)

セキュリティーボックスセキュリティーボックス(東京ディズニーセレブレーションホテル:ディスカバー)
TVが乗っている台の下の扉の中にありました。

冷蔵庫冷蔵庫(東京ディズニーセレブレーションホテル:ディスカバー)
他のディズニーホテルなら、お水のペットボトルが入っていますが、ディスカバーの冷蔵庫は空っぽでした。

パジャマパジャマ(東京ディズニーセレブレーションホテル:ディスカバー)
ワンピースタイプのパジャマで人間ドックにあるような感じでした。
家からジャージを持っていけばよかったです。

スリッパスリッパ(東京ディズニーセレブレーションホテル:ディスカバー)
4人部屋なので、4足ありました。

加湿器加湿器(東京ディズニーセレブレーションホテル:ディスカバー)
加湿器があったのはGOOD!
あるとないとでは大違いです。

洗面台洗面台(東京ディズニーセレブレーションホテル:ディスカバー)
洗面台は1人分のスペースしかありません。
数人で宿泊したときには、少し早めに起きて、準備しないと大変だと思います。

アメニティーアメニティー(東京ディズニーセレブレーションホテル:ディスカバー)
アメニティーはこれだけでした。

バスルームバスルーム(東京ディズニーセレブレーションホテル:ディスカバー)
バスルームが1番いただけない。
普通のビジネスホテルのバスルームよりも狭い。
浴槽は足が伸ばせません。
シャンプーなどは壁に備付ですが、肌がデリケートな人は自分が普段使用している物を持っていった方が良いかもしれません。

トレイトイレ(東京ディズニーセレブレーションホテル:ディスカバー)
トイレは少し狭い感ですが、ちゃんとウォシュレット付きです。

洋服掛け洋服掛け(東京ディズニーセレブレーションホテル:ディスカバー)
洋服掛け(東京ディズニーセレブレーションホテル:ディスカバー)
クローゼットはありませんので、ここに上着をかけるしかありません。
ちょっとビックリしました。

窓からの景色窓からの景色(東京ディズニーセレブレーションホテル:ディスカバー)

ホテル内設備説明/ホテルサービスホテル内設備説明(東京ディズニーセレブレーションホテル:ディスカバー)
ホテルサービス(東京ディズニーセレブレーションホテル:ディスカバー)
無料Wi-Fiがあるのは良かったです。

キーブックレットキーブックレット(東京ディズニーセレブレーションホテル:ディスカバー)表/裏
キーブックレット(東京ディズニーセレブレーションホテル:ディスカバー)内側
ルームキーは返却しますが、ルームキーが入っているキーブックレットはお待ち帰りできます。

無料送迎のシャトルバスの時刻表無料送迎のシャトルバスの時刻表(東京ディズニーセレブレーションホテル:ディスカバー)
もっとも注目したのは、ホテルからのシャトルバスの時間です。
1番早い時間で6:00。シャトルバスでパークまでは約20分〜30分ほどなので、着くのは早くても6:20。
ディズニーホテル宿泊特典のハッピー15エントリーを利用出来るので、6:00出発でも十分に早いという人もいるでしょうが、もっと早く行きたいと思う人にとっては遅いと感じると思います。かと言って歩いて行くには遠すぎます。
自分は今回、ホテルからタクシーを利用してみました。
朝4時に、ホテルのレセプションでタクシーを呼んでもらい、10分ほどでタクシーがホテルに到着して、東京ディズニーシーに向かい、かかった時間は約20分。
タクシー代は、約2,000円でした。

宿泊した感想

メリット:ディズニーホテル宿泊特典のハッピー15エントリーが付く。ホテル代が安い。
デメリット:ディズニーパークから遠い。交通手段が少ない。

学生や若い家族向きだと思います。
ある程度年齢が上の方は、多少宿泊代が高くても舞浜エリアのディズニーホテル(東京ディズニーランドホテル、ホテルミラコスタ、ディズニーアンバサダーホテル)か、ハッピー15エントリーが付いていないけどオフィシャルホテルを利用したほうが良いかもしれません。
パークで1日遊んで疲れた後は、やっぱりパーク近くのホテルの方が体のためにも良いと思います。
※今回紹介した情報や感想は、個人的に調べた情報&感想ですので、参考程度にして下さい。また、この記事に関する質問など等々には一切お答えしませんのでご了承下さい。

関連記事
「東京ディズニーセレブレーションホテル:ディスカバー」紹介!
東京ディズニーセレブレーションホテル:ディスカバーの2F〜5Fにある設備紹介!