スマートフォン向けサイト
ホテルミラコスタ

「オチェーアノのランチコース」ディズニー・ハロウィーン2017!

「ディズニー・ハロウィーン2017」のランチコースを紹介します!

メニュー名
ディズニー・ハロウィーン、ランチコース
提供店舗
東京ディズニーシー・ホテルミラコスタにあるレストラン「地中海料理レストラン・オチェーアノ
提供期間
2017年9月1日(金)~10月31日(火)
価格
5,150円(コーヒーまたは紅茶付き)

メニュー表オチェーアノ「ディズニー・ハロウィーン2017ランチコース」のメニュー表

チキンとマッシュルームのプレッセ、マスタードヴィネグレット、青リンゴとチーズのムースと共にチキンとマッシュルームのプレッセ、マスタードヴィネグレット、青リンゴとチーズのムースと共に
プレッセとは、材料を押し固めて作るテリーヌのことだそうです。
テリーヌは匂いが生臭く、独特の味のものが多いのですが、今回頂いたテリーヌは、臭みはなくとっても美味しかったです。
画像の右下の青リンゴとチーズのムースは、甘酸っぱく、テリーヌと一緒に食べることで、マッタリとしたテリーヌがサッパリした味になりました。

パン2種類パン

オリーブオイル(塩入り)/バターオリーブオイル(塩入り)/バター

ツブ貝のソテー、根菜と貝柱の焼きリゾット、サフランフォームツブ貝のソテー、根菜と貝柱の焼きリゾット、サフランフォーム
焼きリゾットが少しモチっとした食感で美味しかったです。

イトヨリ鯛のポワレ、タプナードソース、ナスのコンフィを添えて※メインは肉料理か魚料理のどちらかをチョイス。
イトヨリ鯛のポワレ、タプナードソース、ナスのコンフィを添えて
別途800円で「ロブスター」を追加可能。
タプナードソースは、黒オリーブやアンチョビやオリーブオイルやレモンなどで作るそうです。
イトヨリ鯛は身が柔らかくワフワフした食感で、タプナードソースと一緒に食べることで、さらに美味しくなりました。

仔牛のグリル、西洋ゴボウとユリネのフリカッセ、エシャロットバルサミコソース※メインは肉料理か魚料理のどちらかをチョイス。
仔牛のグリル、西洋ゴボウとユリネのフリカッセ、エシャロットバルサミコソース
別途1,000円で魚料理、肉料理共に注文可能。
フリカッセとはフランス料理で、バターでたまねぎをしんなりするまで炒め、ワインやブイヨンやローリエを入れて煮立ったら生クリームを入れて作る料理だそうです。
仔牛はとっても柔らかく、エシャロットバルサミコソースとの相性も良くて、とっても美味しく頂きました。

カシスのムースとイチジク風味のシナモンアイスカシスのムースとイチジク風味のシナモンアイス
カシスのムースは絶品でした!
ただ、イチジク風味のシナモンアイスは俺の口には合いませんでした(^_^;)

全体の感想

ディズニーのコース料理で、最初から最後まで美味しかったという思い出はなかったのですが、今回は美味しかったです!
ひとつ贅沢を言うとデザートのシャーベットをオレンジにして頂けると嬉しかったです。
メインは、プラス1,000円を支払い、魚料理と肉料理を注文しました。
オチェーアノのランチコースは、プラス1,000円を支払って、お肉料理とお魚料理の両方を注文することをオススメします(^^)
オススメ度は、90点。
※今回紹介した情報は個人的に調べたのものですので参考程度にして頂き、正確な情報は現地キャストさんにお尋ねください。

関連記事
ディズニー・ハロウィーン「鉄板焼ランチ」 in 花 Hana
ホテルミラコスタ「ディズニー・ハロウィーンランチコース」紹介!