スマートフォン向けサイト
ホテルミラコスタ

ホテルミラコスタ「ディズニー・ハロウィーンランチコース」in ベッラヴィスタ

ホテルミラコスタのハロウィーングルメを紹介します!

メニュー名
ディズニー・ハロウィーンランチコース
提供店舗
東京ディズニーシー・ホテルミラコスタにあるレストラン「ロビーラウンジ・ベッラヴィスタ・ラウンジ
販売期間
2017年9月1日(金)~10月31日(火)
価格
4,940円(紅茶かコーヒー付き)

店舗前東京ディズニーシー・ホテルミラコスタにあるレストラン「ベッラヴィスタ・ラウンジ」

メニューディズニー・ハロウィーンランチコースのメニュー

鯖の炙りと帆立貝のスモーク、レフォール入りクレマのタルト仕立て、ヴィンコットソース、巨峰のセミドライを添えて鯖の炙りと帆立貝のスモーク、レフォール入りクレマのタルト仕立て、ヴィンコットソース、巨峰のセミドライを添えて
レフォールとはホースラディッシュ(西洋わさび)、ヴィンコットソースは赤ワイン用のぶどうを皮ごと絞って煮詰めた砂糖不使用のシロップを使用したソースのこと。
ソースの味が薄いというか、ぼんやりした味で、良い意味で素材本来の味を楽しめる料理。
なぜ、タルトとクリームチーズを使用したのか?!
タルトは食べづらいし、クリームチーズは鯖の炙りと帆立貝のスモークには合わないし、何の為に付いているのかわからなかったです。
キャストさんからの説明もなかったので、どの素材に使用して良いのか、友達と考えてしまいました(^_^;)

パン2種類(全粒粉とフォッカチオ)、バルサミコ入りオリーブオイル/バターパン2種類(全粒粉とフォッカチオ)
バルサミコ入りオリーブオイル/バター
パンは安定の美味しさで安心しました。
ディズニーホテルで提供しているバターは滑らかで美味しいので好きです(^^)

銀杏とキノコとリコッタチーズのリゾット銀杏とキノコとリコッタチーズのリゾット
濃厚で味もしっかりしていて、銀杏の甘みも感じられて、とっても美味しかったです!
量が少ないのが残念でした(^_^;)

イベリコ豚ロースのグリル、オールスパイスと黒ゴマの二色のソース、柿のモスタルダと共にイベリコ豚ロースのグリル、オールスパイスと黒ゴマの二色のソース、柿のモスタルダと共に
メインはお肉料理かお魚料理のどちらかをチョイスします。
モスタルダとは、果物や野菜のシロップ煮に、マスタード・エッセンスを加えた物だそうです。
お肉料理は友達がチョイスしたので、味は不明。

カレイとシュリンプのベニエ、フレーゴラのサラダ、エストラゴン風味のザバイオーネとトマトのフォンデュータカレイとシュリンプのベニエ、フレーゴラのサラダ、エストラゴン風味のザバイオーネとトマトのフォンデュータ
こちらはメインのお魚料理。
別途850円で「シーフード(サーモンとオマール海老)」を追加しました。
ベニエとは生地を油で揚げたドーナツに似たペイストリー、フレーゴラとはクスクスにも似た粒々パスタ。
カレイとシュリンプのベニエは甘みがあるフリッターみたいでした。
別途850円の「シーフード」も揚げてある状態できたので、脂っぽい料理になってしまいました(^_^;)

ウォルナッツモンブランと赤ワインカシスソルベウォルナッツモンブランと赤ワインカシスソルベ
ウォルナッツモンブランは、甘さ控えめのデザートでした。

全体の感想

今回のランチコースは、全体的に味がぼんやりしているし、ハロウィーンさも感じられず、まったくもって印象に残らない味で、俺の舌には合わない料理ばかりでした。担当したキャストの料理の説明も不十分だったように思えました。他のテーブル担当のキャストさんは料理の説明も多かったので、私たちの担当は新人さんだったのかもしれません。
ただ1つ救いなのは、銀杏とキノコとリコッタチーズのリゾットが美味しかったこと!
それがなかったら・・・
一緒に行った友達も俺と同じ意見でした。
オススメ度は、30点。
※今回レポートした内容は、あくまでも個人的に調べた情報&感想ですので参考程度にして頂き、メニューの詳細は現地のキャストさんにお尋ね下さい。

バーカウンターにある「ディズニー・ハロウィーン」の飾りパンバーカウンターにある「ディズニー・ハロウィーン」の飾りパン
バーカウンターにある「ディズニー・ハロウィーン」の飾りパン(アースラ)

関連記事
ディズニー・ハロウィーン2017「ランチコース」 in エンパイア・グリル
ディズニー・ハロウィーン「鉄板焼ランチ」 in 花 Hana
「オチェーアノのランチコース」ディズニー・ハロウィーン2017!