スマートフォン向けサイト
東京ディズニーリゾート

映画「マレフィセント」レポート!

昨日から公開された、映画「マレフィセント」を見てきました!
マレフィセント・ちらし
【ストーリー】
とある王国のプリンセス、オーロラ姫(エル・ファニング)の誕生祝賀パーティー。幸せな雰囲気があふれるその会場に、招かれざる邪悪な妖精マレフィセント(アンジェリーナ・ジョリー)が出現する。オーロラ姫に永遠の眠りにつく呪いをかけたマレフィセント。それは、なぜなのか。答えは、謎に包まれたマレフィセントの過去にあった。
【感想】
これから見る人に一言!
今まで慣れしたんだ「眠れる森の美女」とはまったく別の物語(パラレルワールド)と思って見た方がいいと思います。
監督はあの「アバター」などのプロダクションデザインを手掛けたロバート・ストロンバーグなので、映像はとっても綺麗で幻想的で素晴らしいです!
何故、マレフィセントは、誕生祝賀パーティーに招かれないだけで、オーロラに魔法をかけたのか?
その部分を新しい解釈で話を作っています。
また、主役のアンジェリーナ・ジョリー、ハマりすぎというか綺麗だし、気品あるマレフィセントを実に上手く演じていました。
それにアンジェリーナ・ジョリーの実の子供も出演しているのも注目したいところ。
大人のオーロラ姫を演じたエル・ファニングはとっても綺麗でした(*^_^*)
また男性俳優だと、マレフィセントに使える役のサム・ライリー、カッコ良かったです。
そしてなんと言っても、ラストシーンは大どんでん返しで、ビックリします!!!
詳しい映画の内容(ラストシーン)は言えませんが、マレフィセントFANの方は是非、見て頂きたいと思います(^^)
個人的には十分楽しめました♪
満足度=★★★★(星5つ中)
※あくまでも個人的な感想なので参考程度にしてくださいませm(__)m
そう言えば、俺、昔ディズニーワールドへ行った時にマレフィセントのグリーティングに遭遇したっけな〜
その時の画像は、このブログでもアップしているので、見つけてみてね(^^)
マレフィセント・映画・ちらし