スマートフォン向けサイト
アンバサダーホテル

昼のお食事(ランチ)「瑠璃」! in 日本料理レストラン 花 Hana

日本料理レストラン 花 Hanaの昼のお食事(ランチ)「瑠璃」を紹介します!

メニュー名
瑠璃
先付、前菜、ミネストローネ、メバルと海老のソテー グリーンソース、サラダ、焼き野菜、ビーフテンダーロイン、御飯、味噌椀、香の物、デザート
※2018年3月20日(火)~6月6日(水)までのメニュー
販売店舗
ディズニーアンバサダーホテルにある日本料理レストラン「花 Hana

先付(長芋の豆腐)日本料理レストラン花Hanaの昼のお食事(ランチ)「瑠璃」先付(長芋の豆腐)
舌触りが滑らかで、長芋のネバネバ感も若干感じられるし、出汁が染み込んでいて、さらっとした味わいで美味しかったです。

前菜日本料理レストラン花Hanaの昼のお食事(ランチ)「瑠璃」前菜
(写真左側)糸こんにゃくみたいなのと、(写真真ん中)少しピリッとしたイカの彩り和え、(写真右側)ひじき煮。
前菜としては若干インパクトに欠ける感じでした。

ミネストローネ日本料理レストラン花Hanaの昼のお食事(ランチ)「瑠璃」ミネストローネ
日本料理レストラン花Hanaの昼のお食事(ランチ)「瑠璃」ミネストローネ
和風のミネストローネといった感じでしょうか。
コンソメ味、ひよこ豆、キャベツなど、ヘルシーなスープ。
お皿の上に乗っているのは、チーズをカリカリに焼いた物で、塩味が効いていて美味しかったです。

メバルと海老のソテー、グリーンソース日本料理レストラン花Hanaの昼のお食事(ランチ)「瑠璃」メバルと海老のソテー
日本料理レストラン花Hanaの昼のお食事(ランチ)「瑠璃」メバルと海老のソテー、グリーンソース
実際に鉄板で焼いているところを撮影しました。
メバルの身はたんぱく、写真真ん中の海老はぷりぷりで美味しかったです。
写真右側の海老の頭はエビせんべいのように調理して頂き、パリパリした食感でした。
ちなみに海老の上に乗っているのは、梅で味付けされたニンニクをカリカリに焼いたものだったと思います。
ソースはグリーンピースで出来ていましたが、生クリームが入っていることで、クリーミーな味わいになっていて、グリーンピースの独特の臭みというか苦味はあまり感じませんでした。

サラダ日本料理レストラン花Hanaの昼のお食事(ランチ)「瑠璃」サラダ
柚子ドレッシングと、上にはパルメザンチーズが乗っていいます。

焼き野菜日本料理レストラン花Hanaの昼のお食事(ランチ)「瑠璃」焼き野菜
カナダ産のポータベラというキノコ、バターナッツというカボチャ、スティックブロッコリー(ブロッコリーと中国野菜かいらん とを交配してつくられた野菜)。
少し野菜の芯が残る固さで、野菜本来の甘味を感じられました。
個人的には、もう少し火を通して欲しかったです(^_^;)

岩手県産のテンダーロン/香川県産のサーロイン/オーストラリアン産のテンダーロイン日本料理レストラン花Hanaの昼のお食事(ランチ)「瑠璃」岩手県産のテンダーロン/香川県産のサーロイン/オーストラリアン産のテンダーロイン
年間パスポート友達3人で行ったので、みんな、違うお肉を注文しました。
俺ともう1人の友達は、プラス2,060円を支払って和牛にしました。

香川県産のサーロイン日本料理レストラン花Hanaの昼のお食事(ランチ)「瑠璃」香川県産のサーロイン
日本料理レストラン花Hanaの昼のお食事(ランチ)「瑠璃」香川県産のサーロイン
俺は和牛のサーロインをレアで焼いてもらいました。
もう、最高に美味しかったです!
口の中に入れると肉本来の旨味が広がり、二口ぐらい噛むと無くなってしまいました(^^)
花Hanaで、今後、鉄板焼きを注文する時は、絶対に和牛にします!

デザート日本料理レストラン花Hanaの昼のお食事(ランチ)「瑠璃」
デザートはフルーツの盛り合わせでした。
適度な酸味と甘味が絶妙のバランスで、サッパリしていて美味しかったです。

全体の感想

最初は、35周年記念の料理にしようかと思ったのですが、年間パスポート友達2人と相談して「やっぱり美味しいお肉が食べたいよね」というこになって、鉄板焼カウンターでお肉を注文することにしました!
お肉の味は申し分なく、最高に美味しかったですので、今回のメニューの前菜とミネストローネは、ちょっと物足りなさを感じました。
決して不味くはないし、美味しいのですが、もう少し違う料理が良かったかな(^_^;)
自分たちの目の前で調理してくれた(野菜やお肉を焼いてくれた)女性キャストさんは、とても丁寧に食材の説明をしてくれたり、楽しいお話をして頂いたので、素敵な時間を過ごすことが出来ました。キャストさんに感謝☆
オススメ度は、75点。
※今回の情報は個人的に調べたもので参考程度にして頂き、詳細については現地キャストさんにお尋ねください。