スマートフォン向けサイト
オフィシャルホテル

お泊りディズニー「東京ベイ舞浜ホテル」レポート(後編)

お泊りディズニー「東京ベイ舞浜ホテル」レポート(後編)します!

客室東京ベイ舞浜ホテルの客室
客室は綺麗で普通な感じでした。

ベット東京ベイ舞浜ホテルのベット
ベットの寝心地は、やや固めだった気がします。

ソファー東京ベイ舞浜ホテルの客室(ソファー)
このソファーもベットになりそうな大きさがありました。

電気ポット東京ベイ舞浜ホテルの客室(電気ポット)

コップ&グラス&インスタントのお茶類コップ類

冷蔵庫東京ベイ舞浜ホテルの客室(冷蔵庫)
冷蔵庫は何も入ってなかったので、自分で購入してきたペットボトルなどを入れました。

セキュリティボックス東京ベイ舞浜ホテルの客室(セキュリティボックス)

浴室(バスルーム)東京ベイ舞浜ホテルの客室(浴室)
想像していたよりも浴槽が大きかったです。

トイレ東京ベイ舞浜ホテルの客室(トイレ)

洗面台東京ベイ舞浜ホテルの客室(洗面台)

アメニティー東京ベイ舞浜ホテルの客室(アメニティー)

クローゼット東京ベイ舞浜ホテルの客室(クローゼット)

部屋から見えた景色東京ベイ舞浜ホテルの客室(部屋から見える景色)
東京ベイ舞浜ホテルの客室(部屋から見える東京ディズニーランド)
若干、東京ディズニーランド内が見えました。

自動販売機東京ベイ舞浜ホテル(自動販売機)

製氷機東京ベイ舞浜ホテル(製氷機)

宿泊者専用施設「スパ・ローズ」東京ベイ舞浜ホテル(スパ)
東京ベイ舞浜ホテル(スパにある洗面台)
東京ベイ舞浜ホテル(スパにある無料のウォーターサーバー)
営業時間:17:00~25:00 (最終受付24:30)
入浴料:大人(中学生以上)2,000円、4才~小学生:1,000円
施設の内容:男性用(浴室・ドライサウナ・水風呂)、女性用(浴室・ミストサウナ・ジャグジー・ラウンジ)、リラクゼーションコーナー(トリートメント)
実際に利用してみました。
お風呂は大きくてゆったりと全身を伸ばして入浴できましたし、シャンプーボトルとリンスボトルとボディーソープボトルが体を洗うところに置いてありましたし、無料でバスタオルを貸し出ししてくれました(^^)
また、「スパ・ローズ」で受ける事ができる有料のボディーケア(全身マッサージ)60分6,900円も受けました。
パークで疲れ切った、肩や腰や足など全身を揉みほぐしてくれました(^^)
気持ち良くて途中で一瞬寝てしまいました(*^^*)

今回宿泊した全体的な感想は、可もなく不可もない普通の感じでした。
俺が宿泊したプランは、宿泊代+宿泊者専用施設「スパ・ローズ」代込みで、6,150円。
チェックイン出来る時間は17時で、チェックアウトは11時でした。
ホテル内のネットですが、無料Wi-Fiサービスがあって、接続するためのIDとPWが記載された紙を渡されるので、その紙の通りに接続したら無料で利用できました。
一度宿泊すれば十分かな〜というのが率直な感想です(^^)
実は今回東京ベイ舞浜ホテルに宿泊した事で、舞浜にある6つのオフィシャルホテルに全部宿泊した事になります。
近々、個人的に勝手にランキングした、「オフィシャルホテルのベスト6」の記事を書こうかと検討中です・・・
※記事内でレポートした内容は、あくまでも個人的に調べた情報&感想ですので参考程度にして頂けますようお願いいたします。

関連記事
オフィシャルホテル「東京ベイ舞浜ホテル」お泊りレポート(前編)!

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

【予約】ラッキーバッグ 2018 ディズニーキャラクター
価格:3000円(税込、送料別) (2017/11/21時点)