スマートフォン向けサイト
ホテルミラコスタ

ディズニー・サマーフェスティバルのランチコース!ベッラヴィスタ・ラウンジ

今回は、ディズニー・サマーフェスティバルの食事を紹介します!

メニュー名
ディズニー・サマーフェスティバルのランチコース
販売店舗
東京ディズニーシー・ホテルミラコスタにあるレストラン「ロビーラウンジ・ベッラヴィスタ・ラウンジ
販売期間
2016年7月8日(金)~8月31日(水)
提供時間
11:30~14:30
価格
4,940円(コーヒーまたは紅茶付き)

店内メニューランチコースのメニュー

パン3種類パン3種類

バター/オリーブオイルバター/オリーブオイルベッラヴィスタ・ラウンジのバターは、普通の市販されているバターとは違って、クリーミーだけどさらっとしていて、飽きのこない味で、とっても美味しいんです。

シーフードのセヴィーチェ、グリーントマトのガスパチョと共にシーフードのセヴィーチェ、グリーントマトのガスパチョと共にセヴィーチェとは、ラテンアメリカで食べられる魚介類のマリネのことだそうです。
ホタテや海老やタコなどの海の幸が入っていて、サッパリしたマリネに仕上がっていました。
個人的には、もうちょっと酸味があった方が良かったかな。
とは言っても、とっても美味しかったです。

アナゴと焼き茄子のフェデリーニ、実山椒のアクセントアナゴと焼き茄子のフェデリーニ、実山椒のアクセントフェデリーニとは、スパゲッティの一種で、通常のスパゲッティよりも一段階細めのもの。
味は、醤油ベース?で和風な味付けで、ひつこくなく美味しく頂けました。
ちなみに、アナゴは、基本的にさっぱりとした味が良いとされるため、脂分の少ない夏(6~8月)が旬だそうです。

牛ハラミのグリル、レフォール風味のオニオンサルサ、ジャガイモとサルシッチャのストゥッファートを添えて牛ハラミのグリル、レフォール風味のオニオンサルサ、ジャガイモとサルシッチャのストゥッファートを添えてピリッとした辛さと酸味が効いたソースがオニオンにかかっていて、それを柔らかい牛ハラミのグリルと一緒に食べると、夏のこの時期にピッタリのサッパリとした味になって、とっても美味しかったです。
ストゥッファートとはイタリア語で煮込みという意味だそうです。

ドラゴンフルーツとヨーグルトのスープ、ラズベリーソルベ入り紅茶のサヴァランドラゴンフルーツとヨーグルトのスープ、ラズベリーソルベ入り紅茶のサヴァランお皿の横に乗っている棒は、少し苦めのチョコレートを縦長に丸めた物で周りにナッツなどが付けてありました。
ドラゴンフルーツ以外にも、イチゴやキウイフルーツやナタデココも入っています。
ラズベリーソルベ入り紅茶のサヴァランは、サヴァランのしっとりした甘さと、ラズベリーの甘い酸っぱさの相性が良く、美味しく頂けました。

ランチコース全体のオススメ度は、75点。
※食べた感想は、あくまでも個人的なものです。味覚は人それぞれ違いますので参考程度にして下さいね。

店内にあるディズニー・サマーフェスティバルの飾付店内にあるディズニー・サマーフェスティバルの飾付